起業に合わせた税理士との顧問契約 - 会社設立のいろは 税理士編

会社設立のいろは 税理士編
Home » 会社設立で税理士をたよるなら » 起業に合わせた税理士との顧問契約
会社設立で税理士をたよるなら | 07月10日更新

起業に合わせた税理士との顧問契約

起業すると、多くの場合は税理士と顧問契約を結びます。
税理士の顧問とは何かというと、これは自社の税理士になってもらう契約のことですね。
これをしない場合、基本的にはスポット契約といい、特定の業務の単発契約になります。

つまりこの顧問契約を結ぶと、それ以降はその相手が自社の担当税理士となり、何か困ったことや税務関係の依頼があれば、その税理士に依頼する形になります。
税理士の方でも、顧問契約を結んだ方は原則優先して対応する顧客となり、毎月の訪問や記帳の代理などを優先的にやってくれるんです。
起業すると、税理士をこのような形で利用する場合が多いですね。
そのわけは、顧問契約をした方が、税理士へ依頼する税務関係の業務もスムーズだからです。

たとえば税理士に依頼するのは一年間の決算の手続きなどですが、これは年間の収支の流れや、起きた問題などを把握してないと、適切に対処できないことが多いです。
これは税理士に依頼して代行してもらうケースが多いですが、これをスポット契約で依頼すると、記帳などは正確にされており、その他の問題などもないことが前提でないと、正しく処理されません。
顧問契約をして、ずっと担当してもらった税理士なら、このあたりの事情もすべて把握しているため、対応もスムーズです。

単発での税理士利用は、依頼する側でも正確に事情を伝える必要があるため、手間も大きいんですね。
起業すると税理士に伝えるべき事情も多く、複雑にもなりますから、顧問契約を結んで、自社の細かい事情などもすべて把握してもらう方が多いんです。
このようなわけで、起業に合わせて顧問契約を結ぶ方は多いです。
顧問は税理士なら担当できる方が多いため、利用は難しくなりません。
顧問を希望する税理士まで相談すればOKです。

実際に契約するタイミングは基本的に会社設立が終わった後ですが、会社設立関係の相談や手続きを税理士にお願いした場合、そのままその相手に顧問契約の相談ができることも多いです。
このように利用すると、会社の設立前から設立後まで、すべて一人の税理士に担当してもらえるため、安心度も高くなりますよ。

top