会社設立の相談方法 - 会社設立のいろは 税理士編

会社設立のいろは 税理士編
Home » 会社設立で税理士をたよるなら » 会社設立の相談方法
会社設立で税理士をたよるなら | 07月10日更新

会社設立の相談方法

税理士へ会社設立の相談をしたいときは、実際に手続きをスタートする前に、一度相談するのがオススメです。
その方が税理士に相談するメリットも大きくなるからです。
税理士に会社設立の相談をする大きなメリットは、税金対応の段取りができることですよね。
これは、早いタイミングでやった方が効果的です。

たとえばすでに名古屋で会社設立の手続きをスタートしており、ある程度の手続きも終わった中で、現状では多額の税金がかかることが判明したとしましょう。
このとき、もうやり直しが難しい段階まで手続きが進んでいた場合、修正が難しいためそのまま起業するか、これまで進んだ手続きを諦めて中止し、また一から手続きをやり直すかといった対応になります。
税理士への相談のおかげで、会社設立後の税金に1日でも早く対応できるのはいいですが、そのために会社設立の手続きがやり直しになるのは、少しムダがありますよね。
そうならないように、名古屋の税理士への相談は、起業の手続きを実際に開始する前にやっておく方がいいですよ。

実際に手続きを始める前なら、計画も簡単に変更できます。
たとえば今の計画のままで実行すると多額の税金がかかるとわかったら、その税金を少しでも抑えられるものへ変更するといいですね。
まだ手続きを開始していないなら、計画を変更して失うものも少ないです。
税理士への相談は、なるべく早めにやるといいでしょう。

税理士へ相談したいことがあれば、まずは相談相手となる税理士を探してください。
よさそうな相手を見つけたら、そちらまで連絡し、相談となります。
相談するとき、多くの場合は対面式となります。
その税理士の事務所を訪ね、そこで話しながら相談をすることになるでしょう。

メールや電話での相談受付は、各税理士事務所によって対応が変わります。
会社設立のサポートに力を入れている、大手の税理士法人などの場合、これらメールや電話だけでの相談も受け付けている場合がありますね。
それ以外の場合は対面が基本となりますから、そのつもりで準備しておくといいです。

top