会社設立ネット - 会社設立のいろは 税理士編

会社設立のいろは 税理士編
Home » 会社設立で税理士をたよるなら » 会社設立ネット
会社設立で税理士をたよるなら | 09月22日更新

会社設立ネット

会社設立01

最近はネットを使って何かの手続きをすることも多いでしょう。
会社設立ネットの手続きも可能なのでしょうか?

これについてですが、ごく一部の手続きに限ってはネットで手続きも可能です。
これは電子定款を作った場合で、このときは認証のために公証役場まで提出するときにはネット経由で正式に提出できるのです。
ただし、この手続きをしたからといって公証役場に行かなくてもいいといったものではありません。
作成した電子定款をネット上で先に提出するだけで、結局は公証役場までその他の添付書類を用意して来所する必要があります。

このほかの会社設立の手続きについてもネットで正式な手続きをすべてできるといったことはありません。
この点は注意しておくといいでしょう。
ただし、会社設立ネットは申請の準備を進めるためにかなり有効です。
ネットの使用に慣れている方は会社設立にあたってネットもしっかり活用するといいでしょう。

これが非常に役立つのは、たとえば会社設立の手続きを調べるときなどです。
どうやって手続きをするのかよくわからないことも多いでしょう。
会社設立の流れについてはネット上で多くの専門家や業者が情報発信を行っています。
これらを見ることで基本的な会社設立の流れは把握できるでしょう。

まったく流れがわからない中では手続きを進めるのも難しいですが、これらネットの情報を見て流れを把握すると、具体的に何をすればいいかもわかりやすくなり、会社設立の手続きが進みやすくなります。
このようなところでネットは会社設立に非常に役立ちます。

このような下調べに限らず役立つこともあります。
ネットでは会社設立のための書類作成をサポートするサービスもあるのです。
そのサイトのチャートにしたがって質問に答えていくと定款の内容が完成するサイトなどありますね。
もっと直接的に書類作成をサポートするサイトもあります。
そのサイトの案内にしたがって質問事項の回答を入力していくと、最終的に必要事項が記入された書類の電子データが完成するというサービスもあります。

このほか、会社設立関係の書類は不備がないか事前に確かめることがよく推奨されています。
これは個人的に確認するだけではなく、窓口に一度提出してみてもらうという方法もよく推奨されているのです。

特に定款などは事前のチェックを強く推奨されていますが、このときにメールでデータを送ることでチェックしてもらえることもあります。
このように会社設立ネットは非常に役立ちます。
特に問題なく利用できるなら利用してみるといいでしょう。

top