税理士に起業準備を頼む方法 - 会社設立のいろは 税理士編

会社設立のいろは 税理士編
Home » 会社設立で税理士をたよるなら » 税理士に起業準備を頼む方法
会社設立で税理士をたよるなら | 07月10日更新

税理士に起業準備を頼む方法

これから起業するとき、準備を専門家が手伝ってくれると心強いですよね。
実は税理士もそのような仕事に対応できます。
これを利用する方法をご紹介しましょう。

一番簡単なのは、起業サポートに力を入れている税理士を探し、その方に相談することです。
相談料は基本的に有料ですが、一部の条件では無料になります。
起業の際に考えておきたいこと、用意したいものなどをチェックしてもらえますから、抜け漏れの少ない起業準備ができます。

相談するときは、必ずしも具体的な計画がなくても構いません。
初めての会社設立では、細かい準備や段取りがよくわからない方も多いでしょう。
そんなときのための税理士によるサポートですから、完璧な計画などはなくても、起業の希望や熱意、最低限のアイデアがあれば、あとは税理士と相談しながらブラッシュアップすればOKです。

ただし、起業の希望などは最低限答えられた方が、もらえるアドバイスもより具体的になります。
たとえばどんな業種で起業したいのか、理想とする会社の規模や状態、事業目的、実際の事業の実施方法といったことです。
まだ完璧でなかったとしても、これら希望にはなるべく具体的な回答ができた方が、税理士もアドバイスしやすくなりますから、できるだけ希望は固めておくといいですよ。

自分の方ですでに起業できるくらい、具体的な計画を作ってみた方は、それを資料にまとめて税理士にチェックしてもらうといいです。
税理士は税務や会計を通して、普段から企業経営をサポートしています。
そのため、企業経営に必要な計画の精度にも詳しいですよ。
現段階での起業準備が十分なものか、税理士の方で判断してくれるでしょう。
また、税理士は会計にも詳しいですから、その計画が費用面から見て妥当なものかも判断してくれます。
これらチェックを受ければ、具体的で精度の高い起業準備ができるでしょう。

このように起業に詳しい税理士に頼めば、起業準備をサポートしてもらえます。
いい相手を探して、ぜひ相談してみてください。

top