税理士が会社設立に必要なわけ - 会社設立のいろは 税理士編

会社設立のいろは 税理士編
Home » 会社設立で税理士をたよるなら » 税理士が会社設立に必要なわけ
会社設立で税理士をたよるなら | 07月10日更新

税理士が会社設立に必要なわけ

会社設立は税理士ナシでもできなくはありません。
ただ、実際には多くの方が何らかの形で税理士を利用しています。
その方が早くて確実に会社設立できることが多いからです。
税理士が会社設立に必要なわけはなんでしょうか?

それは、会社を作って起業する以上、税金のことを考える必要があるからです。
税金のことは、税理士が専門です。
税理士以外の専門家では法的な理由で対応できませんから、税金対応のために税理士を利用する方が多いんですね。

具体的には、起業前の相談として、税理士に税金のことを聞く方が多いです。
ここで起業後にかかる税金をリストアップし、備えておくんですね。
法人を立ち上げての起業は、かかる税金も多くなります。
まず法人税がかかりますし、法人の住民税といった特殊な税金もかかってきます。
これら税金の種類や税率、見込みの売上額にかかる実際の税額などを具体的に聞いておくんですね。

ここでチェックしたところ、その売上額や見込みの利益額では、すべての税額を負担できないとわかることもあります。
一種のシミュレーションですね。
その結果があまりよくない場合、たとえば完全に赤字で、会社を作っても短期間で倒産する恐れが強いときなど、会社設立を延期して計画を見直す場合も多いです。
延期になるのは残念ですが、無謀な起業は避けたいと思っている方が大半ですからね。
このようなシミュレーションができるのは、税理士だけです。
だからこそ税理士を利用し、会社設立に問題がないかをチェックしてもらうんですね。

このような利用のほか、会社設立の中で必要になる、税金関係の届出や申請を代行してもらうため、税理士を利用する方も多いです。
法人の形ができたら、できるだけ早く税務署まですべき届出があります。
これもきちんとやっていないと、企業経営に支障が出る場合もあります。
そこを確実にやりつつ、届出をする手間を省くため、ここで税理士を利用する方も多いんです。
このように会社設立には税金が強く関係するため、何らかの形で税理士を必要とすることは多いですよ。
基本的な利用方法として覚えておくといいです。

top