会社設立後の営業開始日はいつ? - 会社設立のいろは 税理士編

会社設立のいろは 税理士編
Home » 会社設立で税理士をたよるなら » 会社設立後の営業開始日はいつ?
会社設立で税理士をたよるなら | 10月22日更新

会社設立後の営業開始日はいつ?

会社設立

会社設立を行う日が営業開始する日になるとは限りません。
事実、会社設立を行うためには、色々な手続きや申請が必要となり、それが許諾された段階で会社設立が認められることになります。
そのため、実際の営業開始日とは違ってくるのです。
営業開始日に関しては、具体的に「いついつまでにしてください」と決められていることもありません。
なぜなら、それぞれの企業によって準備の段階も違ってくるためです。
もちろん、会社設立の手続きや申請だけを行って、営業しないというのは良くありません。
ただ、これに関しても法律で言及されている面は少なく、実際に営業に関してはそれぞれに任せているというのが、現行のシステムだと言えます。
つまり、営業開始日は準備ができ次第だと考えていて良いでしょう。
もちろん、その前に準備が必要となってくるので、そこはしっかりと考えておくことが必要となります。

特に営業開始日というのは、準備が進んでいなくては何もできません。
ここでわかりやすく飲食店の例を紹介しますが、まず飲食店の営業を開始するためのには、店舗や事務所を作り、厨房なども必要となってきます。
それらの準備が終わったとしても、店の内装や外装を決めていくことも必要です。
その他、仕入れルートの確保や設備の調整、人材の採用に広告や宣伝も必要となります。
単に会社設立と言っても、それらの準備に時間がかかるということは多々あるでしょう。
営業開始日がいつになるのかというのは、具体的にその進捗状況によって違ってきます。
ここでは飲食店の例を出していますが、その他の企業でも同様のことが言えます。
正直、色々な人が関わると意見も錯綜し、より話は複雑になっていくのです。
会社設立の場合は、特に営業開始日までにトラブルや問題がないことの方が珍しいと言えるでしょう。
それらの点もしっかり考慮して、考えていくようにしましょう。

また、営業開始日については、事前に関係各所に連絡しておくと良いです。
準備ができた場合は、「この日から業務を開始します」と伝えておくだけで、取引先やクライアントもスケジュールを立てやすくなります。
それぞれ連絡をしっかり取って連携していけば、より営業開始も良いスタートを切れるのではないでしょうか。
まずは色々と準備を進めて、魅力を磨いていくと良いのではないでしょうか。
ちなみに、会社設立に関しては色々とやらなくてはならないことも多いため、そこは専門家などを頼ってみると良いです。

top